概要

一般財団法人 東武博物館は、公益法人制度の改革により、平成24年4月1日に、財団法人 東武鉄道共助会から名称を移行いたしました。東武博物館は、交通文化の普及と交通道徳の昂揚を目指すとともに、交通産業に関する資料を収集し、広く後世に伝えるほか、東武鉄道沿線のスポーツ・文化の振興による地域の発展と鉄道バス利用者の安全・福祉の増進を図ります。

名称 一般財団法人 東武博物館
住所 〒131-0032 東京都墨田区東向島四丁目28番16号

事業内容

  1. 東武博物館の管理・運営
  2. 鉄道・バス利用者の安全・福祉の増進に資する事業
  3. 東武鉄道従業員子弟への奨学金貸与
  4. 東武鉄道従業員長期休職者への生活扶助
  5. 東武鉄道沿線の文化振興事業
  6. 東武鉄道沿線のスポーツ振興事業
  7. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

沿革

昭和22年
8月
財団法人東武鉄道共助会設立
平成元年
5月
東武博物館開館。管理・運営業務受託
平成元年
7月
博物館ホール、図書閲覧コーナー開設
平成2年
3月
記念物、保存物展示コーナー開設
平成2年
5月
向島文化サロン開始
平成20年
10月
東武鉄道杯少年野球大会開始
平成21年
1月
東武鉄道杯少年サッカー大会開始
平成21年
7月
開館20周年 リニューアル工事完成
平成24年
4月
一般財団法人 東武博物館に名称移行


役員

会長
根津嘉澄
理事長
三輪裕章
専務理事・館長
山田智則(常勤)
運営理事
花上嘉成、関根実
理事
元呑晃、友田和昭、間中範幸
監事
河本榮一、平田一彦

設備概要

5号蒸気機関車 6号蒸気機関車
デハ1形5号電車 日光軌道203号
ED5015号電気機関車 キャブオーバーバス
1720系デラックスロマンスカー 5700系5703号ロマンスカー(前面部)
ED101号電気機関車 5700系5701号電車
明智平ロープウェイゴンドラ 無蓋貨車トキ
電車シミュレーション3台 バスシミュレーション1台
模型電車約360両